世の中は三日見ぬ間・・・・




都心周辺では、桜が満開。



少々花冷えのようだが、今が盛り。

今年は、足並みを揃えて、あっちも、こっちも、あっという間の桜になりました。



昔から、桜の句でよく知られているのに、

 世の中は三日見ぬ間に桜かな

があります。

寥太の作で、江戸中期、享保3年(1718)〜天明7年(1787)、信州伊那の出で江戸に出て活躍した御仁だそうです。


 世の中は三日見ぬ間の桜かな

とも、詠まれることがありますが、

見ぬ間、と、見ぬ間

に、と、の の違いですが、微妙にニュアンスが違いますね。

見ぬ間の、の句では、

「世の中は、3日見ないうちに散ってしまう桜の花のようなものだ。世の中の移り変わりが激しいことのたとえ」

と解釈されているようです。

サクラを例えて、なんだか理に落ちた解釈で、恋仲の若者に人の道を説く唐変木の言いそうなことですね。
面白くも、何にもありゃーしません。

その点、寥太はエライ。

「三日も家に居て、外へ出て見りゃ、世の中は、桜、さくら、サクラ、まっ盛りですぜ。驚いたねー」

ということになります。

浮き浮きした感じが満杯です。

ことしは、寥太のいう、

世の中は三日見ぬ間に桜かな

になりました。

目出度し、めでたし。

JUGEMテーマ:日記・一般

Hana * その他 * 13:04 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

3D映画 アバター すごいなー

 
お正月休みも過ぎて映画館も空いてきたと思われたので、

評判の映画を見に行って来ました。

特別料金を払って、3D上映の「アバター」です。


入り口で、眼鏡を受け取ります。

セロファンを貼ったようなちゃっちい使い捨てではありませんが、

指紋べたべた、なのには困りました。

本番前の宣伝映画とかに眼鏡を装着すると画面がチカチカ点滅してダメです。

予告編のティム・バートンの「アリス」では、浮き上がって見えてビックリです。

眼鏡を左右を逆にしてみると、何ともなりませんね。


そして本番が始まりました。

ジェームズ・キャメロンという監督は、とにかく目端の利く、時代にあわせる商売上手な人物と思っていました。

驚きでした。

映像の出来が素晴らしいですね。



肌理が細かい情景の描写が、奥行きをしっかり見せて秀逸でした。

人間に似せようとしなかった登場人物の扱いが当を得て、CGにありがちな不自然さを払拭して、ファンタジーに誘い込みます。

飛翔したり、繁茂する植物の中を動いたりするSFファンタジーには、3Dはぴったりはまります。

CGの世界は、ここまで深化したのかと感嘆させられました。



エンドロールで登場する、CGに携わった人々の名前の数に圧倒されました。数百人はいたんじゃないでしょうか。

これから、こうしたテーマでの映画を創る人たちは彼を超えなければならないから大変ですね。

TVでも3D対応が呼び声が高くなりそうです。

ソニーはいち早く覇権をにぎろうと、3DTV放送に乗り出すそうです。


しかし、重い眼鏡を3時間近く装着するのはちょっと疲れますね。

なんとかなりませんか。


Hana * その他 * 12:12 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

謹賀新年


 明けましてお目出度うございます。

このブログをお読みいただいて感謝申し上げます。

皆様にとって晴れ晴れしい年になりますように。

 


由無し事を綴って、早いもので、一年余りが過ぎました。

昨年は、個人的にもいろいろあった年でしたが、

今年は、なんとか良い年になりますようにと、願っております。

まあ、高望みをしないことも必要かも知れません。

こんな調子で、今年もスタート、です。

北国は、雪が多い冬になりそうですね。

風邪を召さないようにお気を付けなさいますように。

亭主 敬白

JUGEMテーマ:日記・一般
Hana * その他 * 00:43 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

お正月飾り

毎年頂いている、恒例の縁起物の到来です。

分解されて、ダンボール箱に詰められて、沼津の方から送られてきます。

土から飾り小石まで一式全部が揃ってます。

組み立ての解説が、画像入りのプリントアウトで同封されています。

毎年、12月に入ると山に竹の切り出しに行き、

庭に栽培してある松、千両〔万両?)梅の枝を切り取り、

若い友人たちを招集して一日製作に勤しんだ成果を送り届けてくれるのです。

有り難い事です。

組み立てると、部屋は一気に年末年始モードに突入です。



この鉢植え一式の他に、竹製の一輪挿しと、ぶっとい孟宗竹の輪切りが付いてきます。

孟宗竹のは、台に使用するように、とのことですが、ぴったりなので我が家ではワインクーラーにしています。

JUGEMテーマ:日記・一般

Hana * その他 * 11:14 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

読んだ 「ユダヤ警官同盟」

『ユダヤ警官同盟 上下』新潮文庫

読み終わりました。ちょっと時間がかかりましたが、結構楽しめました。

著者
マイケル・シェイボン  Michael Chabon 
1963年 ワシントンDC生まれ。
アメリカの注目株の作家。純文学系なのだがそれだけに収まらない境界侵犯確信犯的小説を生み続けている。

’88 『ピッツバーグの秘密の夏』(早川書房刊)デビュー作の青春小説でヒット

続く長編『ワンダーボーイ』(早川書房刊)映画化 マイケルダグラス主演

’00 『カヴァリエ&クレイの驚くべき冒険』でピュリッツァー賞(小説部門)受賞

本書である'07発表の『ユダヤ警官同盟』で08年度SF賞の三賞 ヒューゴ賞・ネビュラ賞・ローカス賞を総なめ。
また、アメリカ探偵作家クラブ賞(エドガー賞)最優秀長篇賞候補にもなった。



架空の時代の現実的な町の物語という状況を、細密な描写と心理のあやを浮かび上がらせる筆力で、日本人には馴染みの薄いユダヤ人の世界を描出する。

読みはじめはちょっと退屈気味なのだが、どうも途中で捨て去るわけにもいかないかなと思えてきて、あとは著者に引きずられるようにして最後まで行ってしまった。

映画「ノーカントリー」でアカデミー賞をとったコーエン兄弟による映画化が決定しているというのも頷けるところである。

著者の後書きの末尾に、
「この小説はマッキントッシュのパソコンで、デボンシンク・プロとナイサス・ライター・エクスプレスを使って執筆した」との記述があった。

私もマックでワープロソフトNisus Writer Expressを使って書いているのだが、実にもう大変な違いがあるものだ。

だが、結構稼いでいるとおもうのだが、どうして上位バージョンのNisus Writer Proを使わないのだろうか。質素なのか、ケチなのか、はたまた堅実な性格なのだろうか。

JUGEMテーマ:日記・一般

Hana * その他 * 15:02 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

都会の谷間

大型の台風でした。
いろいろ大変な目に遭われた方もおられることかと思います。お見舞い申し上げます。

こちらは、幸い被害というほどのものはありませんでした。


話はがらっと変わります。

最近の都会の建物は、ガラス張りの建築が多いですね。

そうした、ビルの谷間のスナップです。





谷間の先には、高架線が通っています。
”鉄屋”さんが、特急が通過する瞬間を狙ってました。

JUGEMテーマ:日記・一般

Hana * その他 * 00:07 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

柚子坊

ミカン系の木付いていたアゲハチョウの幼虫も最終段階に入りました。
まだ脱皮していない1匹を除いて、先行の2匹は丸々と太ってきました。

仲良し
仲良しなのかな?

卵を生み付けたミカン系の木は葉っぱが少なくなって、食糧危機が迫ってきたので、急遽ホームセンターに行って早生ミカンの鉢を購入して来ました。
その甲斐あってか、健康優良児になってます。
あと4,5日でサナギになるでしょう。

イモ1号

卵
最初はこんな小さい卵からでした。

これらの柚子坊は、はたしてどのアゲハチョウになるのでしょうか?

ネットで探してみました。
とても詳しいサイトがあって、おかげさまで彼らの行く末に確信がもてました。<(_ _)>

アゲハの幼虫の見分け方 


彼らは、クロアゲハになって、成人式に臨みます。
Hana * その他 * 11:58 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

CHANGE !!

民主党の大勝、というより、自民党の大敗、だね。

ここ数年、自民党政府は特にひどかったもの。

変化の波が太平洋のこちらにも波及した、ということだろう。

民主党の御手並拝見、というところ。

未経験なんだから、半年ぐらいは大目に見てあげる余裕を持ちたいものだ。

自民党政府だったら、何も変わらなかったことを思えば我慢できるだろう。
Hana * その他 * 10:06 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

チョウの恩返し

夏休みの自由研究 アゲハチョウの羽化が終わったと思っていたら、

蝶々が来て、卵を産み付けて行きました。

ミカン系の木に3匹。

ルーの葉っぱには4匹。

イモちゃんが大量に生まれてしまいました。

4点

ナミアゲハかキアゲハか、それぞれ、好みの葉っぱがあるらしく、幼虫もちょっと違います。

蝶が巣立った場所を憶えていて来たのかも知れません。

もしくは、チョウチョウ・ネットで知らされたのかも知れません。

まだまだ、イモちゃんとの付き合いは続きます。
Hana * その他 * 11:17 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

最後の蝶

イモちゃん3号が羽化しました。

さなぎ

1号、2号と異なり、黒の筋がくっきりした、男性的なナミアゲハです。
イモ3号
力強く、空高く飛んで行きました。

ちょっと寂しくなりました。

夏の自由研究は終わりました。
Hana * その他 * 23:25 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ