<< 越後妻有トリエンナーレ2015 観た。(番外) | main | 今日の一品 掘り出し物 >>

中秋の名月に団子を作る

27日は、中秋の名月なので、薄を飾り、お月見団子を供えようと思い立った。

団子を作るのには、ググって参考にさせてもらった。
 
いろいろあるのだが、一番やり易いものを選んでみた。
 
【作り方】


1)上新粉200gに対し、熱湯180cc程度を加え、練る。
耳たぶ位のやわらかさ、と言われるが、適当に、良くこねる。
最初は熱いので、菜箸でこねる。
 



2)ふた山に分けて金太郎飴の要領で、棒状に丸める。
 



3)長く伸びたものから均等に切り分けて、団子に丸める。
ここで、手仕事の技が発揮されるが、さほどのことではない。
 
4)鍋にたっぷりの湯を沸かして、団子を投入。
 



5)3、4分で浮き上がってきたところからすくい取って、冷水に入れて十分冷やす。
 



「テリを出すために風にあてる」との指摘もあるが、その効果のほどはわからずじまいだった。
 
 



幸いにも雲が切れてきれいな満月を観ることができました。 


お月見が済んだら


いただきます。

 
JUGEMテーマ:食!
Hana * 今日の食卓 * 23:31 * comments(0) * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ