<< 一点の紅あり? ザクロ満開 | main | 蚊取り線香のブランド? >>

プロ級のゆで卵をつくり、たまごサンド

ゆで卵の上手な作り方をネットで発見、トライしてみた。

できたゆでたまごを使って、たまごサンドに挑戦。

フライパンで「蒸しゆでる」ところが目新しい。


1)卵は、冷蔵庫から出して常温にしておく。
  新鮮な卵の場合は、炭酸ガスを抜いておく(*専用針刺し器使用)

2)フライパンに1cmの深さに水を張り、そこに卵をいれて、蓋をして火にかける。
火力は中火。沸騰してきたら弱火しにして3分加熱。黄身が偏らないように時々転がす。

3)火を止め、5分そのまま放置。

4)卵を取り出し、冷水で冷まし、その後皮をむく。

ゆで卵はこれで完成。次はたまごサンドを作る。

ゆで卵を刻んで、マヨネーズと和えて、食パンに挟む、のがたまごサンドだが、難しいというより、上手くいかないのではと思わせるのが、挟んだたまごがボロボロとこぼれてくる姿を想像してしまうからだ。

で、こちらの教えでは、パンは、4枚切りを使うというやり方。かなりの厚手のものだ。
それを、半分に切り分けて、真ん中に切り込みを入れて、袋状になったパンに、たまごの具を詰め込むというアイデアものだ。
これだと、パンの耳がしっかりガードして、外にこぼれない。



卵は、黄身と白身を分けて、白身はざっくりと切り食感が残るようにする。



黄身とマヨネーズを和えたところに、白身を混ぜて、具は出来上がり。



具を詰めて、ラップにくるんでおくと安心。



食べるときに、耳を切り離すと、見た目にも麗しい卵サンドの出来上がり。

お陰様でです。参考というよりそのまんまです。

スギアカツキ 長寿美容食研究家
プロ級の「ゆで卵&目玉焼き」を作るコツ

JUGEMテーマ:食!
Hana * 今日の食卓 * 12:39 * comments(0) * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ